ニックのブログ

数学と医学部受験とオーストラリア留学とインフルエンサーのブログ

「田村淳が聖火ランナー辞退」への反論

お笑い芸人田村淳さんが、森喜朗東京五輪・パラリンピック組織委員会会長の不適切な発言を受け、聖火ランナーの打診を辞退したことが報じられました。

これにしっくりこなかったので疑問に思うことをここで述べてみます。


前提

前提として、森会長の性差別的な発言は断固として許されるものではないと考えていることはここで述べておきます。

それを前提としても、田村さんの辞退は非論理的であると思っています。

 

反論

聖火リレーは本来オリンピックそのものにたいして行われるもので、組織委員会がどうこうは全く関係ありません。

あるとしても企画実行くらいで、聖火リレーそのものを組織委員会が決めるわけではないのです。

そもそも聖火リレーは東京でのオリンピック開催に限らず、開催都市で行われます。

すなわち聖火ランナーをするか否かを”日本の“組織委員会(ごとき)の行動によって決めるべきではありません。

”オリンピックの聖火リレー“という基準で決めればいいのに、それを実行しているだけの“組織委員会”の“たった一人の最低人間”のためだけに投げるというのはどうかと思うのです。

 

簡単に言えば、「関係のない偉い人が悪いこといったから聖火ランナー辞める」と言っているようなものです。

実際にはあるけど聖火リレーの意義そのものには関係ないはずです。

 

淳さんが五輪開催反対派なら良い効果を生むでしょうが、縮小派・開催派にとっては世論誘導が生まれ、無意味な大ダメージです。

ただただ純粋に聖火リレー楽しみにしていた一般国民や開催を希望していた五輪候補選手たちにとっては、あまりにひどい仕打ちになってしまうのではないでしょうか。